イベント

トーク Facebook Twitter

オープニング・セッション
「メディア芸術と物語性 - 街と結びつくナラティブ」

日 時:
1月11日(土)17:00~
参加費:
無料
場 所:
小樽市産業会館会場「ナラティブラウンジ」
話し手
武邑光裕(メディア美学者)*遠隔参加
伊藤博之(クリプトン・フューチャー・メディア代表)
水口哲也(文化庁メディア芸術祭小樽展エグゼクティブアドバイザー)
水口哲也

水口哲也

新しい表現や体験としてのメディア芸術は、街と結びついてどんな物語性(ナラティブ)を生み出しうるのでしょうか?
メディア芸術祭小樽展のエグゼクティブアドバイザーである水口哲也をモデレーターとして、メディア美学者であり、メディアアートの黎明期より、世界のメディアシーン、アートシーンを見続けてきた武邑光裕(ベルリン在住)と、初音ミクを北海道から世界に発信し続けているクリプトン・フューチャー・メディア代表の伊藤博之が、小樽のもつ街や都市の魅力、未来の可能性について考え、議論していきます。


次の記事